泉区生活で出会った気になる地域情報を気ままに発信☆

【11/18更新】横浜市「レシ活(ONEアプリ)」疑問点あれやこれや(分からない点も含めて)~順次、答え合わせを更新中!

スポンサーリンク
レシ活

レシート買取アプリ「ONE」より

 

こちらの記事では、2022年8月~10月に開催された、

横浜市の「レシ活チャレンジ」「レシ活VALUE(バリュー)を対象に、

各種疑問点と、体験してみて分かった答え合わせをまとめております!(順不同)

 

今回、2023年1月より、レシ活バリュー再開される予定との報道を受け、

またこのページも再開していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします!

 

<お知らせ!>

レシ活VALULE(バリュー)第2弾が再開と! (11/18付け)

「レシ活VALUE(バリュー)」終了 (10/25付け)

「レシ活VALUE(バリュー)」が12月31日まで延長に! (10/6付け)

飲食店レシートが対象の「レシ活チャレンジ」が終了の模様…(9/13更新)

 

「レシ活」は終わっちゃったの? (11/18 up)

2022年8月~10月に開催された「レシ活VALUE(バリュー)」「レシ活チャレンジ」は終了しましたが、

来年2023年1月1日より、レシ活バリューの方が第2弾として再開される模様!

 

詳しくは、こちらに速報をまとめております!(まだ市長による正式発表前の一報です)

【速報】2023年1月1日よりレシ活VALUE(バリュー)再開みたいですよ!

 

早期終了となった8月~10月開催分の予算は以下のとおりでした。ご参考までに。

レシ活チャンレジ(飲食店対象):4億円 (9月13日終了)

レシ活バリュー(お買物が対象):40億円+11億円超が追加に (10月25日終了)

 

「ウォレット」のレシート買取が0円のままだけど大丈夫なの?

投稿したレシートの記録は、「ONE」アプリ内の「ウォレット」タブでアクティビティを確認できますよね。

だけれども、投稿した時点では、一つ一つのレシート買取金額は「0円」のままに。

 

この時点で分かるのは、レシートを撮影・投稿した時の日時のみ(買取日時)。

 

これ、レシ活チャレンジ第1弾のときも不安に感じた点でした。

おぼろげな記憶だと、レシ活チャレンジ第1弾の時も、ずっと0円のままで、

ポイント還元が済んでも、しばらく0円が続いていたような…。

(その後しばらくしてアプリを開いたら、1件ずつ買取金額がちゃんと表示されていて!)

 

ずっとどの記録がどのレシートのものかアプリ上だけでは分からないままでしたので、

重複しないよう、自分で投稿済みレシートの記録をつけて管理しておいた方が良いですよね!

 

今回もおそらくポイント還元が済むまでは0円のままで、

その後に還元額が確定すると、1件ごとに詳細が表示されることになるとは思うのですが。

 

今回、早ければ、9月9日(金)あたりから、順次還元が始まっていきそうですね!

また分かり次第、お知らせしますね!

 

↓↓答え合わせ↓↓ (9/19更新)

私が参加し出したのは8月29日以降の分になりますが、順次還元が始まっています!

投稿したレシートごとに、還元日時、レシ活バリューかチャレンジかの種別の表示、

それぞれの還元金額が順次表示され始めていますよ。

 

本当にパラパラパラパラ更新されていく感じですね。

先に「ウォレット」タブの上部に表示される合計の残高のみが更新されていて、

後日、1件ごとの買取金額確定の表示が出だしたり。

 

しかも、ポイント還元は、必ずしも、レシートを投稿した順ではないようですので、

どの還元ポイントがどのレシートのものか、表示を見ただけではさっぱり分かりません。

よって、還元金額と、手元の投稿済みレシートを合わせて一つ一つ自分で確認していくことになるかと…。

 

なお、この1件ごとのポイント還元の表示は、レシート買取表示とは別個に表示され、

投稿した時の「レシート買取 0円表示はそのまま残っていますので、

自分がいつレシートを投稿したかの記録は残ることに。

 

店舗のポイントを利用して購入した際の「合計金額」はどうなるの?

支払いの際、店舗のポイントカードに貯まったポイントクーポンを使ってお買物する場合もありますよね。

そうしたポイントを使って購入したレシートももちろん買取OKとのことですが、

その場合は、基本的には割引後の金額ポイント還元対象となるようですね。

 

レシ活VALUEのヘルプページ参照 (「対象範囲」の項目参照)

レシ活チャレンジのヘルプページ参照 (「対象範囲」の項目参照)

 

ただ、私、困ってしまいました。

レシートの合計金額欄の表記が店舗によってまちまちで。

1つ目は、ポイント割引分を差し引いた支払金額が合計金額として印字されている店舗。

そして2つ目は、割引前の合計金額が書かれていて、その下に使用したポイントと支払った現金の内訳が印字されているケース。

 

困ってしまったのは、この2つ目のケース。

合計金額欄がポイント割引前の金額になっているレシートです。

使ったポイント分は、あくまでも合計金額の内訳として表示されている形で。

 

レシート投稿後のアンケートで、「合計金額」の入力欄がありますよね。

ここに入れる金額を一応、レシートに太字で大きく印字されている「合計金額」を入れてしまったのですが、

ポイント割引分を差し引いた実際の支払い金額の方を入力した方が良かったのかな?

 

この辺、まだよく分かりませんので、実際、買取金額がどうなったかで確かめたいと思います!

また確認でき次第、お知らせいたしますね!

 

↓↓答え合わせ↓↓ (9/19更新)

結果として、上の2つ目のようなケースでも、レシートの「合計金額」を元にポイント還元が行われたようです。(どの還元ポイントがどのレシートか、100%確信が持てないのですが、たぶん合っているかと!)

 

ポイントの取扱方法が店舗により異なるため、レシ活では、あくまでもレシート上の「合計金額」をもとに

還元金額が判断される仕組みのようですね。

 

詳しくは、「【レシ活】よくあるお問合せ」の「対象となるレシート」欄の2つ目「ポイントでの支払いは対象か」で説明されていますので、確認してみてくださいね。

 

「かながわpay」のポイントで支払った場合の「合計金額」は?(10/7 up)

ポイントと言えば、ずっと気になっていたのがかながわpay」のポイントを使った場合のこと!

今回のレシ活は「かながわpay」との併用で、ダブルでポイントを貯められるという魅力が!

(「かながわpay」対象店舗で買い物をし、そのレシートをレシ活に投稿するというケース)

 

通常、「かながわpay」での支払いレシートはレシ活での買取対象となりますよね。

ということは、「かながわpay」で貯まったポイントで支払った場合も問題ないように思われます。

(–> 横浜市の「【レシ活】よくあるお問合せ」の「対象となるレシート」を参照)

 

ただ、このポイント払いの場合も、一つ上の項目で書かせていただいたケースと同様に、

支払い対象となる「合計金額」の判断基準は店舗ごとに異なるケースがあるのか気になっていて。

 

まずは試しに、貯まった「かながわpay」ポイントを使ってお買物して来てみましたよ!

 

私がお買物した店舗のレシートの「合計金額」は、あくまでも全合計金額が太字で印字されていて、

その合計金額の下に使用したポイントなどの内訳が記されているタイプでした。

ですので、ポイント分を差し引いたりせず、太字の「合計金額」を入力してみることに。

 

さてさて、ぶじポイント還元されてくるでしょうか?!

この件は、また分かり次第、お知らせしますね!

 

ただ、ポイント支払い分を差し引いた合計金額が印字されるようなケースでは、

ポイント払いしてしまうと、レシ活の還元対象の金額が減ってしまうので、もったいないでしょうね!

そういうケースに出会うことがあれば、またお知らせしますね!

 

なお、今回は確認してみたかったので試しに「かながわpay」のポイントを使ってみましたが、

本来であれば、「かながわpay」も「レシ活」もキャンペーン期間終了までは

ポイントを貯めることに集中した方が良さそうですよね!

 

「かながわpay」では、ポイントで支払った分にはポイントは付きませんし、

レシ活も出金やチケット購入時に手数料がかかってしまいますものね。

 

↓↓答え合わせ↓↓ (10/7更新)

今回、かながわpayポイントを使って支払いをした分について、

ちゃんとレシートに太字に印字のある「合計金額」に対して、

ちゃんと20%分が戻ってきていましたので、報告しますね!

 

かながわpayでの支払い分についても、各種キャッシュレス払いであろうと貯めたポイント払いであろうと、

レシートに印字の「合計金額」を対象に20%分が還元される仕組みで変わりないようです。

また異なるケースに遭遇した際にはお知らせしますね!

 

レシートに電話番号の印字がない場合は? (10/23 up)

レシートを投稿する際、「住所または市外局番045を含む電話番号」が映るように投稿しますよね。

ただ、「住所」または「電話番号」ということは、どちらか一方でもOKで、

たとえば電話番号が印字されていないケースもあるということ?

 

ただ、レシート投稿後のアンケートで「電話番号」を入力する欄が出てきますよね。

これ、電話番号が無い場合、スキップできるのでしょうか?

 

ちょっと疑問に思いつつも、まだ電話番号の印字が無いレシートには出会っていなくって分かりません。

もし直面して分かった際には、お知らせしますね!

 

↓↓答え合わせ↓↓ (10/23更新)

電話番号の印字が無いレシート、初めて出会いましたのでご報告です!

レシート画像投稿後のアンケート電話番号入力欄は、空白のままスキップしてみました。

特にエラーなど出ず、次の合計金額の入力画面に移りましたよ。

最後まで問題なく、ぶじ買取完了の画面にたどり着きました。

また後日、ちゃんと買取が成立し、ポイント還元も済みましたら、お知らせしますね!

 

反対に住所の印字のないレシートはけっこうありますよね。

こちらは問題なくポイント還元されていますよ!

 

↓↓↓自動キャンセルに…↓↓↓

横浜市の住所の印字はあるけれど、電話番号の入っていないレシートですが、

結果的に、「自動キャンセル」扱いとなり、ポイント還元されませんでした…。

レシ活の説明によれば、横浜市の住所の記載があるので、これも買取対象になるかとは思うのですが、

結果としては今回はダメでした。

 

レシ活VALUE」ももう間もなく予算上限に達し終了となる見込みのようですので、

お手元にあるレシートで電話番号の印字の無いものがある場合は、

念のため、飛ばしておいた方が安全かもしれませんね!

レシ活VALUEまもなく終了のお知らせについてはこちら

 

電話番号が「070」などの場合は? (9/24 up)

レシートに「住所または市外局番045を含む電話番号」が記載されているものが対象ですが、

電話番号が「070」のケースに遭遇!

しかも、横浜市の住所の印字も無い

「どうしましょう!!」

 

試しに、レシート投稿後のアンケ―トの「電話番号」入力欄に、

070」と入力してみたのですが…、「買取自動キャンセル」となってしまいました…。

(投稿直後にポップアップで「キャンセル」の通知が、

また「ウォレット」のアクティビティ欄にも「買取自動キャンセル」と表示されています)

 

横浜市のサイトの「【レシ活】よくあるお問合せ」で調べてみると、

対象店舗について」の項目の中の3つ目に以下の質問項目があって。

—>市内住所の記載がなく、045の電話番号がない場合は対象か

 

答えですが、市内住所と「045」の電話番号のいずれも無い場合対象外だそうです…。

「045」以外の番号、0120・0570・070・080等ではダメなんですね。

 

※ただ、ここでもう一つ疑問が。

市内住所の印字はあって電話番号が「070」等の場合はどうなるんでしょうか?

住所の印字があるということで、対象になるのかな?

でも、投稿後のアンケートの「電話番号」入力欄で「070」を入れたらキャンセルになってしまったり?

この場合は、「電話番号」の入力をスキップして進めばよいのかしら?

 

もしこんなケースに出会うことがあれば、また「答え合わせ」を追記させていただきますね!

 

レシートに書き込みやメモしてしまったけど大丈夫? (10/19 up)

私、いつも帳簿付けの際にレシートの端っこに書き込みしているクセが出てしまいました!

レシ活投稿する予定のレシートに、うっかりペンでメモしてしまって!

 

念のため書き込み部分に取り消し線を入れて、投稿してみましたが…。

ちゃんと買い取ってもらえるでしょうか…。大丈夫かな…。

 

この件も、また分かり次第、答え合わせを書かせていただきますね!

 

↓↓答え合わせ↓↓ (10/19更新)

ペンで書き込みしてしまったレシートの分もちゃんとポイント還元がされましたよ!

書き込みの程度はというと、ほんの1か所ほど赤ペンで線を入れてしまったんですね…。

一応、その線に取り消し線(二重線)を添えておきました。

(この書き込みは、電話番号や住所、日付、合計金額欄にはかぶっていない形)

 

とりあえず、今回は、無事、通ったようです。良かった~。

(ご担当者の方、もし何かお手間をお掛けし、ご迷惑をおかけしていたら、ごめんなさいでした!

以後、気を付けまーす!!)

 

たまったポイントの換金は、銀行への「出金」と「チケット購入」とどちらがお得?

レシート買取で、「ONE」アプリ内のウォレットにたまった金額は、銀行振込で「出金」するか、

各種ギフト券やポイントなどに交換する「チケット購入」を選ぶことになりますよね。

 

これ、何も考えず、「ポイントに変えよう!余ったらサーティワンのアイス食べよう!」

とか思っていたのですが…。

 

「あれ、手数料分のポイントがさらに必要なの・・・?」と気づき。

 

例えば、500円のギフト券に交換するのに、550円~600円必要など、

手数料分として10~20%の上乗せポイントが掛かるみたいで。

 

ギフト券や各種ポイントへの交換の場合、金額が大きくなればなるほど手数料も大きくなる仕組みで。

(nanacoポイント10,000pに交換するのに、レシ活で貯めたポイント12,000円分が必要という具合)

 

今回、レシ活の上限がそれぞれ3万円とかですので、

ギフト券交換の場合、かなり手数料も大きくなりそうですよね。

 

もちろん銀行への「出金」の場合も手数料が必要なのですが、

こちらは今現在で、1回280円となっていて。

 

となると、今回の横浜市のレシ活では、合計の還元金額が大きくなりそうなので、

一括でまとめて銀行への出金を選んだ方がいいのかなぁ、と悩み中。

 

ちょっと数字に弱いので、間違っている点・勘違いなどあれば、ぜひ教えてください!

私ももう少し周りにも話を聞いて、判断したいと思っています!

 

今日のところは以上です!

 

ちなみに、ちなみに、「レ活」ではなく、「レ活」ですね~~。(^_-)

 

以下、レシ活関連リンクもまとめて挙げておきますね!

 

リンク 横浜市の「レシ活VALUE」・「レシ活チャレンジ」キャンペーン公式ページ

リンク 横浜市の「【レシ活】よくあるお問合せ

リンク レシート買取アプリ「ONE(ワン)」の説明サイト

リンク レシ活VALUEヘルプページ (レシート買取アプリ「ONE(ワン)」より)

リンク レシ活チャレンジヘルプページ (レシート買取アプリ「ONE(ワン)」より)

 

タイトルとURLをコピーしました